【ゴリ声優】梁田清之の死因は病気?声変わりに悩んでいたとの声も!

人気アニメ、スラムダンクで赤木剛憲役を演じた、声優の梁田清之さんの訃報が飛び込んできました。

まだ57歳ということで、梁田さんの突然すぎる訃報に動揺の声が広がっています。

一体梁田さんの死因は何だったのでしょうか?

今回は梁田さんの死因が病気だったのかや、梁田さんが声変わりに悩んでいたという噂について調べましたので、ご紹介していきます。

目次

【ゴリ声優】梁田清之さん急死

こちらが2022年11月21日に報じられた、梁田清之さん急死のニュースです。

ニュースによると、梁田さんの友人で声優の真殿光昭さんが、梁田さんの奥様のご意向によって、梁田さんの訃報をツイートしたとのことでした。

梁田さんは現在事務所に所属せず、フリーとして活動していたため、このような発表の形になったものと考えられています。

斎賀みつきさん、永島由子さん、深見梨加さん、武虎さんといった声優仲間から、続々とお悔やみのコメントを発表されています。

ファンだけでなく、声優仲間からも愛されていた梁田さんの人柄がよく分かりますよね。

梁田さんは数多くのアニメ作品に出演していましたが、主な代表作がこちらになります。

『SLAM DUNK』赤木剛憲役

『BLEACH』握菱テッサイ役

『鎧伝サムライトルーパー』鬼魔将朱天役

『ジャングルの王者ターちゃん』梁師範役

誰しもが一度は観たことのある作品ばかりではないでしょうか?

SLAM DUNKの赤木剛憲役の印象が強いですが、アニメ放送が始まったのは1993年なので、当時の梁田さんは28歳前後。

若くしてかなり迫力のある声の持ち主だったことが分かりますよね。

梁田清之の死因は病気?

気になるのが、梁田さんの死因ですよね。

ネット上の声を見ても、58歳という早すぎる最期に様々な声が挙がっています。

梁田さんに持病があったのか、突発的な病によるものだったのか、事故や悲しい事情があったのかなど、詳しい情報はまだ発表されていません。

ネット上の憶測に惑わされないように気をつけましょう。

梁田さんの詳しい死因が分かりましたら、後ほど追記していきます。

声変わりに悩んでいたとの声も!

迫力のある声で様々なキャラクターの声を演じてきた梁田さんですが、近年は自身の声変わりに悩んでいたという情報もありました。

こういった声が上がっていますが、梁田さん自身が声の変化に悩んでいたという事実はありませんでした。

梁田さんは声質が変わってからも役柄を変え、精力的に活動されていたので、声の変化が梁田さんの突然の訃報につながったとは考えにくいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は声優の梁田清之さんの訃報にスポットを当てて、死因や声変わりに悩んでいたのかなどをご紹介してきました。

現在のところ、詳しい死因は公表されていませんので、今後の続報に注目していきましょう。

数々の作品でお茶の間を楽しませてくれた、梁田さん。

作品は永遠に残りますので、改めて見直してみてもいいですね。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次