村田悠(はるかぜ)裾野市長の学歴&経歴!評判についても!

村田悠

静岡県裾野市のさくら保育園で発生した幼児虐待事件への対応を巡って、裾野市長・村田悠(はるかぜ)さんに注目が集まっています。

村田悠市長とは一体どんな人物なのでしょうか。

今回は村田市長の学歴や経歴と、はるかぜという名前の由来や、市長としての評判についてご紹介していきます。

目次

村田悠(はるかぜ)裾野市長の学歴&経歴!

村田悠プロフィール

名前:村田悠

出身地:静岡県裾野市

生年月日:1987年5月25日

血液型:B型

正座:ふたご座

趣味:剣道、旅行

好きな食べ物:チャーハン、ラーメン

座右の銘:意志あるところに道はある

村田悠の学歴

こちらが村田市長の学歴になります。

村田悠の学歴

富岡保育園

裾野市立千福が丘小学校

裾野市立富岡中学校

日本大学三島高校

日本大学

保育園から、中学校までを地元の裾野市で過ごしたのち、高校は隣町の日大三島高校に進学しています。

高校時代のエピソードなどは分かっていませんが、父親の影響で小学一年の時から剣道に打ち込んでいたという村田市長ですから、高校時代も剣道に打ち込んでいたことでしょう。

高校卒業後は日本大学に進んでいますから、内部進学の可能性が高そうですね。

村田市長がどの学部に進んだかは分かっていませんが、幼い頃から政治の世界を夢見ていたようですから、法学部に進んだのかもしれませんね。

小学六年の文集で書いた将来の夢は、裾野市長だった。

政治家の家系だったわけではないが「子ども心に、市長になって大好きな故郷を有名にしたい、という思いが漠然とあった」と語る。

引用元:東京新聞

村田悠の経歴

村田市長は大学卒業後、参議院議員秘書の道に進んでいます。

どなたの秘書を務めていたのかは判明していませんが、地元の静岡選出の議員事務所に入ったのかもしれません。

その後、介護福祉医療関連会社役員を経て、2014年に裾野市議に初当選されています。

市議会議員2期目の2022年、裾野市長選挙に出馬して、現職の市長を破って当選されています。

市議会議員では成し遂げられない課題等が多々あると感じている毎日です。今後どのような立場で市政に取り組んでいくかも含め山積する課題に果敢に取り組んでまいります

引用元:村田悠パンフレット

静岡県内最年少の市長誕生ということで注目集めていました。

村田悠の評判

村田市長の評判についてですが、今回のさくら保育園の事件に対する早急な対応が世間ではかなり評価されています。

さくら保育園の園長に対する刑事告発や、自身の減給や報告を怠った市の幹部職員の懲戒処分など、しっかりとしたリーダーシップを発揮されています。

一方で今年9月下旬に起きた裾野市民文化センターでのスプリンクラー事故への対応が遅れている点については批判の声も上がっています。

市長になった年に大きな事故と事件の対応に追われることになった村田市長。

今回の事件対応で評判は鰻登りのようなので、他の課題にもしっかりと取り組んでいってもらいたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はさくら保育園の事件対応で注目される、裾野市の村田悠市長の学歴や経歴、評判について深掘りしてきました。

若干34歳にして、決断力のある行動に注目の集まる村田市長。

さくら保育園の事件に関しては徹底的に追及して、再発防止に取り組んでいただきたいですね。

村田市長のリーダーシップに期待して、注目していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次